日焼け止めそうして日焼け後のスキンケアも

次女が中学校の水泳部に入りました。夏休みは毎日のようにクラブで泳いでいらっしゃる。公立の中学生のクラブは外部にあり、屋根というか日光を封じるものは何もありません。怖いですね。更に日焼けが心配です。女なのに毎日のように黒くなって行く次女の表皮。形相だけではなくて体内が真っ黒だ。日焼けして水着のところだけガラガラな状態です。お風呂に入る場合、水着を脱いでいるのに水着を着ているといった感じです。
これは確実に人生しみになるのではないかと親の方が心配です。一先ずSPF50の日焼け止めクリームは塗っていますが、泳いでいるのでウォータープルーフもとうに流れているのではないかと思います。それで日焼けした後のスキンケア―として熱りを押さえ付けるためにわたしが訴えるローションを次女に使ってもらっています。多少なりとも効果があると良いのですが。
冬になると次女の日焼けが段々と落ちて表皮が白くなっていきます。はたしてういういしいって素晴らしいです。
今は日焼けは表皮がんなどの危険性もいるという事で、日光浴という文字もよく使われなくなりました。例年確実に夏場の日光が強くなっているのを表皮で感じます。お日様の日光からお肌を続ける所の方が今は大切ですね。顔のシミを消すクリームは、どれがいい?